これまでの主な活動経緯

2007年
「古橋悌二·12年目のメッセージ –How are you ?–」
ダムタイプ《S/N》上映会&講演会/於:京都精華大学
2008年
「S/N上映会」
4月〜翌3月まで継続的開催/於:京都精華大学
2009年
「S/Nについて語られなかったこと」
《S/N》上映会&講演会&シンポジウム/於:京都精華大学
※キングストン大学との共同研究プロジェクト
「ダムタイプ作品上映」
5作品、《ph》《OR》《memorandum》《S/N》《Voyage》の上映
5月〜翌3月まで継続的開催/於:京都精華大学
「Love song for the future –未来のラブソング–」
シンポジウム&ラウンドテーブル、他/於:京都精華大学
※キングストン大学との共同研究プロジェクト
2010年
「LIFE with ART –受けとめ、そして、渡す人–」展
企画展示および「《S/N》と90年代京都」にまつわるアーカイヴ資料公開/於:京都精華大学
※キングストン大学との共同研究プロジェクト
2011年
「LIFE with ART –ダムタイプ『S/N』と90年代京都–」
「《S/N》と90年代京都」にまつわるアーカイヴ資料公開&シンポジウム
於:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
2012年
「社会を変えるアート:アートの可能性を考え、これからの社会を構想する」
シンポジウム/於:京都精華大学

※キングストン大学との共同研究プロジェクト
 介入の芸術公式webサイト The Art of Intervention

(上記は主として、本プロジェクト代表の八巻真哉が企画・構成したものです)